スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

自転車を安くトライアスロン用にする変える法 DHバー

もうすぐトライアスロンのレースです。

トライアスロンでは、
自転車に1時間強40km、
長いレースでは90km~180kmで、
3-6時間くらい乗りっぱなしです。

で、そんな時に自転車を快適にし、
タイムも早くなるのがコレ↓
T1ひき
DHバー。(ダウンヒルバーの略だったと思う。)
ふつうのロードの自転車に肘をおいて、
棒につかまって前傾姿勢がとれるようにするバーです。
自転車は人間自身の空気抵抗がかなりの減速要因になっているので、
このバーを1万円前後で付けるだけで、かなりのタイムアップが見込めます。

ちなみに僕のは、
T1アップ
プロファイル社のT1というモデルです。

人気があるのは、同じブランドの
ストライクフォース
T2
などのモデルも人気があります。

スポンサーサイト

Tag:スポーツ  Trackback:0 comment:2 

Comment

ともなる URL|空気抵抗。
#- 2010.09.16 Thu22:36
本当にばかにならないんですよね。

わたしはつけていませんが、
DHバーのような姿勢で空気抵抗を
おさえることはします。

それと。

DHバーをつけている方を見ると、
トライアスロンの方なんだなって、
たいてい思ってみてます。

あと、バトンホイールやカーボンの
ディープリムがついていると、
さらに本格的な自転車になりますよね。

高くなりますが。。。

嶋 URL|ともなるさんへ、
#- 2010.09.17 Fri00:34
空力上、もっとも抵抗が大きいのが姿勢らしいですね。だからコストパフォーマンスが高いのがDHバー。
次はメット、最後がホイールのようです。
でもメットもホイールも時速35キロ以上で大きな効果が出るようなので、僕にはまだ不要かな(笑)
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

Founder of the marketing Study Group

Author:Founder of the marketing Study Group
■略歴:
食品メーカーに勤務するマーケッター。
2003年よりマーケティングの勉強会を主催。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
【勉強会本】
bengo.jpg
【マーケティング本】
うれがお
※お問合せはコチラから↓↓↓

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。