スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

元医薬品の営業マンだから知っている専門分野の名医の探し方とは?

僕はお医者さんに薬を売る仕事(MR、プロパー)を6-7年やっていました。
だから、どうやったら腕の良いお医者さんが見つかるか、
ある程度判断がつきます。
今日はそれをみなさんに共有しようと思います。

お医者さんの世界も
「知識」と「経験」の両方が優れているところが信用できます。
だから、この2つの観点でお医者さんを選ぶといいでしょう。

まず「知識」ですが、これは総合病院や大学病院へ行けば、
最新の知識を勉強しているお医者さんがいると思って、間違いありません。
(あんまり若い先生だと困るけど)

次に「経験」ですが、
あなたが診てもらいたい分野の学会をインターネットで探してみましょう。
たとえば、あなたが「小児泌尿器科」を見てもらいたいなら、
その分野の「学会」を探します。
syounihinyouki.jpg
このように、
グーグルで探せば、たいがいの専門分野の学会というのは見つかります。

そしてその学会の
「理事」や「委員」の先生の所属する病院や、先生の名前を確認しましょう。
meibo.jpg
このように、
学会の理事や評議委員の欄に載っている先生が
「経験豊かな」施設の名前と先生の名前です。

僕はこうして良い先生を見つけて、
家族の非常に難しい治療を治すことに成功しました。

ぜひ、お困りの方は試してみてください。
スポンサーサイト

Tag:アイデア・気づき  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

Author:Founder of the marketing Study Group
■略歴:
食品メーカーに勤務するマーケッター。
2003年よりマーケティングの勉強会を主催。

カレンダー
09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
【勉強会本】
bengo.jpg
【マーケティング本】
うれがお
※お問合せはコチラから↓↓↓

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。